BAYSIST

横浜DeNAベイスターズ ファンサイト

濱口遥大は新人王確実か!? シーズン&日本シリーズ成績まとめ! ルーキーが輝く横浜DeNAベイスターズ! 《BAYSIST》

濱口遥大は新人王確実か!? シーズン&日本シリーズ成績まとめ! ルーキーが輝く横浜DeNAベイスターズ! 《BAYSIST》

濱口遥大投手がセリーグ新人王の筆頭候補となっていますが、
シーズン&日本シリーズの成績はどのようになっているのでしょうか!?
ルーキーが輝くことで横浜DeNAベイスターズが勢いに乗っているのでその要因である濱口遥大投手についてまとめてみました!




濱口遥大のプロフィール


引用元:Web Sportiva

みなさん、横浜DeNAベイスターズの新星・濱口遥大投手をご存じでしょうか!?
私は横浜ファンなので知っているのですが、この投手、ルーキーらしからぬ堂々としたピッチングで横浜を牽引するエンジンになっているのです!

みなさんにもっともっと知って欲しいのでまとめるのでどうぞ楽しんで行ってください!

まずは、濱口遥大投手のプロフィールについてご紹介していきます!

本名:濱口遥大(はまぐち はるひろ)
愛称:ハマのハマちゃん
背番号:26番
生年月日:1995年3月16日
年齢:22歳(2017年11月現在)
身長:173cm
体重:80kg
出身:佐賀県三養基郡基山町
出身校:佐賀県立三養基高等学校
神奈川大学
所属:横浜DeNAベイスターズ
2016年ドラフト1位
ポジション:投手
左投左打
最高球速:151km/h
持ち玉:ストレート、チェンジアップ、スライダー、フォーク、ナックルカーブ
代表歴:大学2年夏・ハーレムベースボールウィーク、3年夏・ユニバーシアードの野球競技、4年夏・日米大学野球

以上が濱口遥大投手の簡単なプロフィールになります!
もっともっと書きたいことはあるのですが、ごちゃごちゃになってしまうので必要な情報のみ書かせていただきました!

プロ野球ファンなら知ってくれていると思うのですが、2016年のドラフト会議では「横浜はなんで濱口を1位指名したんだ?失敗だろ」と言われていたんです…
ですが、フタを開けてみればこの成績!この活躍!

大学生時代の選手評価としては、「投げっぷりは良いがコントロールが壊滅的」という見方が多かったですが、現在では全力で腕を振るダイナミックな投球フォームで打者をねじ伏せています!

まだまだコントロールが良いとは言えませんが、特段悪いという印象も受けないです!
確かに調子が悪いときはコントロールに苦しんでいる時もありますが、それ以上に投げる球の勢いが魅力的な選手です!!!

そして、野球ファンではなくても知っていると思う「オールスター戦」ですが、新人として選出されていたのですが軽い故障が原因で辞退している経歴があります。
本人も悔しがっていましたが、軽い故障の時点でラミレス監督が休養を与えてくれたお陰でシーズンを通して活躍をすることができました!

ということで、実力だけでなく人気も兼ね備えた素晴らしい選手ということです!!

後半では、もっと詳細に濱口遥大投手の成績についてご紹介していきたいと思います!




濱口遥大は新人王確実!?シーズン&日本シリーズの成績まとめ

ではみなさんお待ちかねの濱口遥大投手の成績をまとめていきたいと思います!

2017シーズン成績

年度|球団|登板|完投|勝利|敗戦|勝率|投球回|与四球|奪三振|自責点|防御率
–|–|–|–|–|–
2017|横浜DeNAベイスターズ|22|0|10|6|.625|123.2|69|136|49|3.57

コレが2017年シーズン中の濱口選手の主な成績になります!
新人でコレは十分すぎる結果でしょう!!

投手不足の横浜にとってこれ以上ない救世主です!
注目は与四球と奪三振ですね!

登板試合数が22で与四球が69ということで1試合あたり3つの四球を出している事になりますが、それ以上に三振を取っていますね!
これが濱口選手の真骨頂であり持ち味だと個人的には思っています!

ここで縮こまって四球を恐れるあまりダイナミックな投球が出来なくなれば、今のような成績は出せなかったでしょう。




2017CS&日本シリーズ成績

お次はクライマックスシリーズ(CS)と日本シリーズの成績をまとめました!
ぜひ楽しんでください!

CSファイナルvs広島カープ(10月19日)

DeNAベイスターズ 6-2 広島カープ

登板|完投|勝利|敗戦|勝率|投球回|与四球|奪三振|自責点|防御率
–|–|–|–|–|–
1|0|1|0|1.000|7|1|6|2|2.57

広島カープの1勝アドバンテージと前日の敗戦でベイスターズの0勝2敗で迎えたCSファイナル2戦目で先発した濱口投手ですが、本当に新人なのかと疑いたくなるような堂々としたピッチングでした!

ルーキーがここまで頑張っていたら先輩たちがふがいない成績を残すわけには行かないですよね!
勝ち星をルーキーに付けて上げたいですよね!

ということで、打線が奮起し広島に1度もリードされることなく勝利を飾りました!

日本シリーズ第4戦vsソフトバンクホークス(11月1日)

DeNAベイスターズ 6-0 ソフトバンクホークス

登板|完投|勝利|敗戦|勝率|投球回|与四球|奪三振|自責点|防御率
–|–|–|–|–|–
1|0|1|0|1.000|7 2/3|2|7|0|0.00

日本シリーズで3連敗をしていたベイスターズのまさに救世主として登板した濱口選手ですが、見事その期待に応えました!

7回1/3までノーヒットノーランを継続していて、このまま行くか!?と思った矢先、ソフトバンク代打の鶴岡選手にセンターへヒットを打たれてしまいました。
しかし、最低限どころではなくとても仕事をこなし、チームを勝利へ導いてくれました!

この濱口選手の活躍を見ていた打線が爆発し12安打6得点とソフトバンクを圧倒して試合終了を迎えましたが、びっくりしたのは高城選手のホームランです!

シーズン中は1本もホームランを放っていない高城選手なのですが、やはり濱口選手の女房役としてルーキーの熱い投球に触発されたのでしょう!
素晴らしい一振りでした!




濱口遥大が横浜DeNAベイスターズに与えている影響

横浜は今永選手と濱口選手の左腕2枚看板で年間を通じて戦っていたのですが、先発に左腕が揃っていることは想像以上にメリットが大きいですね!
そして、2017ドラフトでは1位指名で立命館大学の東克樹くんを指名し、交渉権を獲得していますが、入団が決まれば先発6枚中3枚が左腕となり左腕大国の完成です!!

これから黄金期を迎えるであろう横浜DeNAベイスターズの先発を担う絶対的存在に育って欲しいです!!

まとめ

いろいろと濱口遥大選手についてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか!?
この記事を読んで濱口選手について知っていただけたら嬉しいです!
あわよくば、横浜や濱口選手のファンになっていただければ…笑




LEAVE A REPLY

*

Return Top