BAYSIST

横浜DeNAベイスターズ ファンサイト

飯塚悟史投手(DeNA) 彼女・球速・年俸を徹底調査! 一軍に定着できている理由を紐解く! 《BAYSIST》

飯塚悟史投手(DeNA) 彼女・球速・年俸を徹底調査! 一軍に定着できている理由を紐解く! 《BAYSIST》

横浜DeNAベイスターズが今シーズンも好発進を決めていますが、その裏には飯塚悟史選手の活躍があります!
なぜ今年は一軍に定着できているのか、そして気になるプライベートにも踏み込んで調査していきます!
彼女・球速・年俸など気になることがたくさんなので楽しんで行ってください!




飯塚悟史のプロフィール

ではまず一軍定着が今まで出来なかったため飯塚選手について知らない方もいると思うのでプロフィールをまとめていきます!


引用元:BASEBALL DAYS @やきゅー速ホー なんJおんJ

氏名:飯塚悟史(いいづか さとし)
生年月日:1996年10月11日
年齢:21歳(2018年4月現在)
出身:新潟県上越市
身長:188cm
体重:85kg
投打:右投左打
ドラフト:2014年7位
年数:4年目
背番号:30
ポジション:投手
出身高校:日本文理高(新潟県)
甲子園成績:夏の甲子園ベスト4
経歴:日本文理高校-横浜DeNAベイスターズ(2015年~)
代表歴:なし

以上が飯塚悟史選手のプロフィールになります!!

2014年のドラフト7位がここまで成長しているとなるとちょっと胸が熱くなりますね!
当時は中畑監督でしたが、しっかり種を蒔いていてくれていたということですね。

現在の主力は20代半ば~20代後半がメインですがやはりそこはキヨシさんの功績でしょう。
そしてそこにラミレス監督が結果を残した若手を積極起用するという好循環で現在のベイスターズができあがっているんですね!

ちょっと前まで暗黒時代を迎えていたチームとは思えないほど若手の台頭が激しいですし、
世代交代も順調にいっていますよね!

これからも若手の台頭に期待しましょう!!
今回ピックアップしている飯塚悟史選手もまだ21歳ですし将来が楽しみで仕方ありません!!

ではみなさんが気になっているであろう『彼女・球速・年俸』について調査致しましたのでご紹介します!




飯塚悟史の彼女・球速・年俸をクローズアップ!!

飯塚選手に彼女はいるのか!?

ということでまずは飯塚悟史選手の思いっきりプライベート情報である彼女について見ていきましょう!

さっそく検索しました!
そしたらなんと『藤田真由美』という女性がヒット!!

奥さんという情報だったので更に調べてみたのですが、どうやらお笑いトリオ『東京03』の飯塚悟史さんでした…。

完全に同姓同名なんですね。
知らなかったです。笑

ちなみに東京03の飯塚悟史さんはコチラの方です!

引用元:Naverまとめ

東京03のネタ、面白くて有名ですよね!

今後はDeNAの飯塚悟史さんの方が有名になるくらいの活躍を期待しましょう!

飯塚選手の球速は!?

ずばり飯塚選手の最高球速は146km/hです!

横浜DeNAベイスターズ2018オフィシャルイヤーマガジンのインタビューではこのように語っています。

「まっすぐで押す事ができれば」
「ずっと一軍にいたいと強く思った。活躍し続けたい」

引用元:横浜DeNAベイスターズ2018オフィシャルイヤーマガジン

146km/hのストレートを軸に今年は大家コーチ直伝のカットボール、フォーク、スライダー、カーブなど多彩な球種を操って勝ちをもぎ取って欲しいです!!

飯塚選手の年俸推移まとめ

ではちょっと生々しい懐事情についてまとめていきますね!

現在プロ4年目の飯塚選手ですが高卒でドラフト7位にかかっているので正直あまり年俸は高くありません。

全て推定ですが、

2015年(プロ1年目):500万円
2016年(プロ2年目):510万円
2017年(プロ3年目):520万円
2018年(プロ4年目):850万円

となっています!!

プロ初勝利を勝ち取った2017年から今年にかけて300万円以上上がっているので球団からの期待も上がってますね!

DeNAはそこまで羽振りが良い球団ではありませんが、しっかり結果を残せばこのように年俸があがるというのも若手にとってはモチベーションになりますよね!

しかも、出場機会もきちんと与えられますし、若手の台頭が激しいということは選手の育成が素晴らしいということです!

若手にはもってこいの球団です!!

ということで、プロ志願のみなさん!
横浜DeNAベイスターズに来てください!!
みなさんをお待ちしております!笑




飯塚悟史が一軍に定着できているのはなぜか!?

2017年にプロ初勝利を飾った飯塚選手ですが、2018年はなぜ開幕ローテを勝ち取って一軍に定着できているのでしょうか!?

その秘密は先ほども少しご紹介した新球種『カットボール』が関係している様です!

オープン戦でオリックス戦に登板し6回3安打1失点で完全に抑えた試合ではこのように分析されています。

2回にT―岡田を空振り三振。5回には再びT―岡田から見逃し三振を奪った。いずれも決め球は、外角ボールゾーンから変化してストライクになるカットボール。いわゆる「バックドア」だ。三振だけでなく、早いカウントでゴロを打たせることもできていた。

 「うまくはまった。凄く手応えを感じている」。練習試合でカウントを取りにいくスライダーの変化が小さくなる傾向があった。逆に「これは使えると思った」という。7日の阪神戦からスライダーとカットボールを意図的に投げ分け、5回1安打零封。この日と合わせオープン戦2試合で防御率0・82だ。

引用元:スポニチAnnex

カットボールは偶然の賜物でたまたま投げることができ、それを「使えるな」と直感し武器にしているんです!

やはり頭でっかちではなくて偶然の産物が未来を変えることがあるんですね!

(関係ないですが、アインシュタインが相対性理論を見つけたのも偶然リンゴが落ちるのを見てですし…w)

ですが、日々ちゃんと頭を使って練習をしているからこそこの様な偶然を見逃さずに居られるんだと思います!
ただ単にルーティン化した練習で投げていたのでは気づけなかったと思いますしね。

そしてさらに開幕時に先発投手の柱「今永」「ウィーランド」「濱口」が不在だったことも追い風になっていたのではないでしょうか?

不動の先発陣がいなかった事で若手にもチャンスが巡ってきた訳ですし!




まとめ

一軍2年目、プロ4年目の飯塚悟史選手についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか!?

今年は飛躍の年になること間違いなしですから飯塚選手の登板から目が離せませんね!!

若手が台頭しているDeNA、本当に期待しかないです!!

‘VICTORY’ is WITHIN ‘US’.
勝利は、我らの中にある。




COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ありがとうございました。custom written essays

    • 記事を読んでいただきありがとうございます。
      これからもみなさんに楽しんでいただける記事を書いていきますのでよろしくお願い致します。

      リクエスト等ございましたらコメントに書いてくださいね!

LEAVE A REPLY

*

Return Top