BAYSIST

横浜DeNAベイスターズ ファンサイト

神里和毅は弟(神里陸)を愛する最高の兄! 大卒ドラフトで指名漏れの理由『淡白な打撃』を改善したプロの自覚

神里和毅は弟(神里陸)を愛する最高の兄! 大卒ドラフトで指名漏れの理由『淡白な打撃』を改善したプロの自覚

2018年ドラフト2位で横浜DeNAベイスターズに加入し、開幕から堂々と一軍で活躍している神里和毅選手。

実は弟の神里陸さんも兄・神里和毅さんに負けず劣らずの野球センスを持った神童です。兄弟愛を感じるエピソードを交えてご紹介します。

また、大卒ドラフトでプロに指名されなかった理由『淡泊な打撃』を改善し、見事社会人からプロに殴り込んできた神里和毅選手を深掘りしていきます!!

★★★公式LINE@はじめました(*^◯^*)ブログの更新情報やLINE@でしか配信しない限定情報もあるので、ぜひ登録してください(*^◯^*)★★★

 

 

神里和毅の弟・神里陸のプロフィール

まずはみなさんが気になっているであろう、神里和毅選手の弟・神里陸さんのプロフィールをまとめていきます!

※神里和毅さんのプロフィールをもう一度確認したい場合はこちらの記事をご覧ください!

神里和毅 登場曲は『ダイナミック琉球』 イケメンと話題の男を徹底解剖! 2017年ドラフトは大成功か!? 《BAYSIST》

まずは神里陸さんの写真はコチラになります!

引用元:侍ジャパン公式サイト

神里和毅さんとはどこか目元などが似ている感じがしますね!

将来、プロ野球選手になる可能性も十分にある高校球児なのでみなさん覚えていてくださいね!!

では、詳しいプロフィールについてご紹介していきますね!

氏名:神里陸(かみざと りく)
生年月日:2002年5月3日
年齢:16歳(2018年6月現在)
出身:沖縄県島尻郡南風原町
身長:167cm
体重:63kg
投打:右投両打
ポジション:内野手(侍U-15では主にショート)
高校:東海大相模高校(神奈川県)
経歴:山川ミラクルズ-沖縄県南風原町立南星中-東海大相模高校

以上が簡単なプロフィールになります!

中学時代にはエースとしてチームを全国大会ベスト4に導いた実績があります!

そしてなんと言っても忘れてはいけないのが、神里家は野球一家ということです。

兄・和毅さんの事は言わずもがなですが、父・昌二さんは豊見城高校に在籍していた当時、エースとして4季連続で甲子園に出場した経験を持っているんです。

ご自身はプロ野球選手にはなっていないようですが、バッテリーを組んでいた石嶺和彦さんはオリックスや阪神などでプレーしているんです。

この様に兄弟揃って侍ジャパンに選出されるなど輝かしい実績を誇っているお二人。

そんな二人の兄弟愛を感じられるエピソードをみつけたのでご紹介します!!

 

 

神里和毅は弟(神里陸)を愛する最高の兄!

兄弟揃ってバツグンの野球センスを発揮している神里兄弟ですが、弟・陸さんが結果を出しているのは本人の努力以外に、兄・和毅選手からの愛情があったからかもしれません!

その兄弟愛が垣間見えるエピソードをご紹介します。

侍ジャパンU-15の『第9回 BFA U-15アジア選手権』で、3連覇中だったチャイニーズタイペイを3-0で見事撃破した時、先制点をたたき出す活躍をした神里陸さんがインタビューを受けたときの受け答えです!

同じ年に兄弟で日の丸を背負い、「嬉しい」と神里。23歳の兄には「いつも何かあったら聞いて教えてもらっている」と言い、「コーチって感じです」と笑う。国際大会に出場するにあたり、兄からは「楽しめ」とエールを送られた。

引用元:@niftyニュース

U-15の大会は2017年11月に行われていたので、兄・和毅さんはベイスターズからドラフト2位指名をされたばかりの頃ですね!

弟思いで、何でもサポートをしてあげているという素晴らしいお兄さんです!!

このインタビューやニュースには書かれていませんが、弟・陸さんは今春から神奈川県の東海大相模高校へ進学している理由も、もしかしたら兄・和毅さんが横浜DeNAベイスターズに入団したことがキッカケの可能性も否定しきれません。

 

沖縄から神奈川に出てくる理由はもちろん東海大相模が名門校という理由もあると思いますし、他にも決定打があったかもしれませんが、この兄弟の仲の良さを見てしまうと、弟が兄と離れたくないくらい頼りにしている可能性も捨てきれないのではないでしょうか!?

そうだとしたら、本当に素晴らしい最高の兄ですね!!

 

そんな神里和毅さんですが、大卒ドラフトは指名漏れしていたちょっと辛い時期があったんです。

その理由についてご自身で語っていて、さらにプロとして活躍するための成長なども語っているのでそちらをご紹介します!

 

 

大卒ドラフトで指名漏れの理由『淡白な打撃』を改善したプロの自覚

では、大卒ドラフトで指名漏れとなった理由などについて掘り下げていきます。

神里選手は日本生命から社会人No.1の呼び声高くドラフト2位でベイスターズに入団しているので、大卒ドラフトで指名漏れとなっていたこと自体、知らない人も多いかもしれませんね。

大卒ドラフトで指名漏れしながらも、ドラフト2位でベイスターズに入団しシーズン開幕当初、リードオフマンに抜擢された時のインタビューをご紹介します。

──糸満高、中大、日本生命とずっとリードオフマンでした。「一番」にこだわりはありますか。

神里 大学時代までは相手投手にたくさんボールを投げさせて、塁に出ようという感じでした。でも、社会人で意識が変わりました。よく指摘されていたのは、「見逃し三振はいらない。どんどん振ってこい」「バッティングの形を気にするより、チームを勢いづける姿を見せろ」という点です。1球目からガンガン振っていける「一番」が理想です。

──大学4年時のドラフトは指名漏れ、社会人で一番成長した部分はどこですか。

神里 大学のときは打撃が淡白な面があったんです。それが社会人で粘れるようになった点が一つあると思います。打撃にムラも少なくなりました。メンタル面での成長も大きかったです。大学のときは1、2打席目がダメだとその試合は全部ダメで、気持ちも切れて守備でもミスをしていました。今はそういう失敗をしても態度や顔には出さず、ミスを引きずらないようになってきました。

引用元:ベースボールONLINE

走攻守の三拍子そろった選手ですが、大学の時はメンタル面での頼りなさがあったんですね。

確かに、プロで活躍していくには「何としても塁に出てやる」というアツい気持ちを持ってチームプレーが大事になってきますよね。

大卒ドラフトから漏れたことで、『プロでやるんだ』という強い自覚が生まれたのかもしれませんね!

 

そして、切り替えが得意ではなかったということですが、現在ではプロとして堂々スタメン出場を果たしているので、ミスを必要以上に落ち込むことなく反省して次に活かせるメンタルがあるという何よりの証拠ですよね…!!

ラミレス監督からの信頼を掴みつつあるので、このまま技術面だけでなくプロの自覚を持ってガンガン成長していって欲しいです!!

 

 

まとめ

神里選手と神里選手の弟・陸さんについてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか!?

弟の陸さんもいずれプロ野球選手になるかもしれません!しかも、兄を慕っている感じがあるのでもしかしたら…横浜DeNAベイスターズに入団してくれるかもしれません!!笑

兄弟揃って活躍してくれることをみなさんで祈って応援していきましょう!!

 

神里和毅さんについての記事はまだありますので、こちらの記事もどうぞ!

神里和毅 登場曲は『ダイナミック琉球』 イケメンと話題の男を徹底解剖! 2017年ドラフトは大成功か!? 《BAYSIST》

 

‘VICTORY’ is WITHIN ‘US’.
勝利は、我らの中にある。

【ブログランキングに参加し始めたのでみなさんのクリックをよろしくお願いします(*^◯^*)】
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング

 

 

LEAVE A REPLY

*

Return Top