BAYSIST

横浜DeNAベイスターズ ファンサイト

勝又温史(DeNAドラ4)”憧れのチーム”横浜で活躍を誓う!プロ10球団から調査書が届いた将来性は折り紙付き

勝又温史(DeNAドラ4)”憧れのチーム”横浜で活躍を誓う!プロ10球団から調査書が届いた将来性は折り紙付き

横浜DeNAのドラフトの中で、高校生としては最上位となるドラフト4位で指名された勝又温史選手。

甲子園への出場こそは叶わなかったものの、西東京大会でインパクトを残し、プロ注目の選手にまで成長していました!

ベイスターズを“憧れのチーム”と話してくれており、既にファンの心を掴んでいる勝又選手ですが、その将来性の高さはプロ10球団から調査書が届くほどの逸材なんです!!

★★★公式LINE@はじめました(*^◯^*)ブログの更新情報やLINE@でしか配信しない限定情報もあるので、ぜひ登録してください(*^◯^*)★★★

 

 

勝又温史のプロフィール

プロ志願届を提出した高校生の中では有名だったので既に知っている方も多いかもしれませんね!

高校生ドラフトということもあり、素材型で将来性を見越した指名だったので、3年後などに化けて出てきてくれると嬉しい逸材です(^^)

そんな勝又温史選手のこれまでの経歴などをまとめてみましたので、まだあまり知らない方はどうぞご覧ください!!

引用元:http://sp.baseball.findfriends.jp/player/%E5%8B%9D%E5%8F%88%E6%B8%A9%E5%8F%B2/

氏名:勝又温史(かつまた あつし)
生年月日:2000年5月22日
年齢:18歳(2018年10月現在)
出身:東京都狛江市
身長:180cm
体重:80kg
投打:右投左打
ドラフト:2018年4位
年数:0
背番号:未定(日大鶴ヶ丘高校では1番)
ポジション:投手
出身高校:日大鶴ヶ丘高校(東京都)
甲子園成績:なし(西東京大会準優勝)
経歴:狛江ロッキーズ(狛江六小) – 狛江ボーイズ(狛江二中) – 日大鶴ヶ丘高校
代表歴:なし
その他:投手ながら高校通算30本塁打以上を記録。東京都最速(152km/h)ピッチャー。

以上が勝又選手のプロフィールと簡単な経歴になります。

プロ注目選手として望んだ三年夏の西東京大会決勝で日大三高に敗北し甲子園出場こそは叶っていませんが、恵まれた体格から躍動感溢れる投球フォームで最速152km/hのストレートを放ります。

高校生でもプロでも珍しい『オーバーハンドスロー』から投げる球は威力抜群で、是非ともプロの世界で観たいですね(^^)

 

荒削りながらも将来性抜群の高校生ピッチャーとして指名され、その伸びしろはプロのスカウトからも折り紙付きなんです!

今回ドラフトを担当したベイスターズのスカウトのコメントはコチラです!

身体が強く、躍動感のある投球フォームから150km/hのストレートを武器にスライダー、フォークのキレも良く三振の山を築く。将来性抜群の本格派投手。

引用元:http://www.baystars.co.jp/team/draft/2018/?p=top

やはり即戦力というよりは、今後のベイスターズを背負って立つピッチャーとして期待している感じです。

プロ10球団から調査書が届いているという情報も流れていますね!!!)

来季から投手コーチに三浦大輔さんが就任することが決まっていますし、将来性抜群の高校生に三浦大輔さんの哲学が加われば、向かうところ敵なしです!!

 

しかし、まだまだ課題となる部分があります。

それは持ち味ともなっている『投球フォーム』です…!

日大鶴ヶ丘高校監督で、勝又選手を指導している萩生田監督はこの様に語っています。

「上半身、下半身の動きが合致した時のフォームは本当に凄いボールを投げる」

引用元:https://www.hb-nippon.com/player/15923

この様なコメントが出るということは、まだまだ投球フォームが固まっておらず、身体も完成していないということでしょう。

しかし、逆を考えると、このような不安定さを持ちながらもプロ注目選手として活躍するポテンシャルは一級品!

 

その注目の投球フォームはコチラの動画をご覧ください(^^)

躍動感溢れ、テンポの良いピッチングを見せてくれていますね!!

投げ終わりのフォームもカッコイイですし、自分に合った投球フォームを見つけて1軍で活躍して欲しいです。

 

 

“憧れのチーム”ベイスターズで活躍を誓う

これは僕たちファンにとって、最大級の賛辞ではないでしょうか!?

ベイスターズが指名した選手が、ベイスターズを“憧れのチーム”とコメントしてくれています!!!

そのドラフト時の記事を見つけたのでご紹介します!!

DeNAのドラフト4位で指名された勝又温史投手(18)=日大鶴ケ丘高=は25日、東京・杉並区の同校で会見し、「ここから始まるなと思った。(DeNAは)小さいころからの憧れのチーム。自分の力を発揮して監督さんを胴上げできるようにしたい」と喜んだ。

引用元:https://www.sanspo.com/baseball/news/20181025/den18102519500005-n1.html

1位指名された上茶谷選手もそうですが、ベイスターズに指名されることを待っていた様なコメントは本当に嬉しいですね。

狛江から関内まで1時間程度ですが、よく足を運んでくれていたんでしょうか!?

勝又選手は2000年生まれなので、ベイスターズの暗黒期を観て育っていたと思うのですが、嬉しい限りですw

 

先ほども軽く紹介しましたが、ピッチャーとして最速152km/hを記録し、バッターとしても高校通算30本塁打以上を記録している“二刀流”

ピッチャーとして出場していないときは、主にライトで出場していました。

 

保険を掛けているというか、万が一、億が一、ピッチャーで活躍できなくてもバッターとしての素材も一流。という思惑もあり指名に至ったのではないでしょうか?

もちろん、本格派右腕としてドラフト4位指名していると思うのですが、梶谷選手の後継者としても育って欲しいなーと個人的には思っていたりして、少し複雑な思いです…w

 

今季はソト選手が彗星の如く現れてくれましたが、3年後や5年後となると状況は分かりませんし、生え抜き野手も欲しいのが本音…!!

ということで、ベイスターズでも”二刀流”を容認する方向性を打ち出すのか!?と思っていたら本人からもこんなコメントがありました。

今夏の西東京大会で準優勝した最速152キロ右腕。体のバネや運動能力の高さは多くの球団から評価されてきた。高校通算30本塁打を超える打撃力もあり、自身も持ち味には「速球と長打力」を挙げる。投打の二刀流の挑戦については「球団の方と話をして決めたい」と話した。

引用元:https://www.sanspo.com/baseball/news/20181025/den18102519500005-n1.html

含みを持たせるようなコメントですが、この様な状況なので当然と言えば当然ですね。笑

 

しかし、スカウトから指名挨拶などがあった時に、少しくらい二刀流について話しているのでは!?とも思わせてくれるコメントです。

それに二刀流を否定しないということは、勝又選手としても少しは挑戦したいという想いが見え隠れしているのかなーと(^^)

 

本人の人生ですので、悔いの無い選択をしてもらい、ガンガン活躍して欲しいです!!

 

 

まとめ

今回は、ベイスターズの指名の中で、高校生最上位となる4位指名となった勝又温史選手について特集しました。

勝又選手の様に、将来性抜群の高校生を見ると「ロマンが溢れているな~」とニヤニヤしてしまいますw

ですがきっと、そうやってニヤニヤするのは僕だけじゃないはず!!笑

球団からもファンからも特大の期待を寄せられている勝又選手。

これから一緒に成長していきましょう!!!

 

勝又選手、横浜DeNAベイスターズへようこそ!!!

 

‘VICTORY’ is WITHIN ‘US’.
勝利は、我らの中にある。

【ブログランキングに参加し始めたのでみなさんのクリックをよろしくお願いします(*^◯^*)】
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング

 

LEAVE A REPLY

*

Return Top