BAYSIST

横浜DeNAベイスターズ ファンサイト

熊原健人 伝説エピソードで井納に弟子入りw 座右の銘『今やるべきことをしっかりやりきる』を胸に1軍定着へ

熊原健人 伝説エピソードで井納に弟子入りw 座右の銘『今やるべきことをしっかりやりきる』を胸に1軍定着へ

プロ3年目で1軍定着へ着々とアピールを繰り返している熊原健人選手。

野球に対してはストイックにできることに取り組んでいるんですが、どうやら伝説的なエピソードで宇宙人と名高い井納翔一選手に弟子入り寸前の様ですw

一方では、自身の座右の銘を胸に2軍での活躍をひっさげて虎視眈々と1軍出場を目指しています!

★★★公式LINE@はじめました(*^◯^*)ブログの更新情報やLINE@でしか配信しない限定情報もあるので、ぜひ登録してください(*^◯^*)★★★

熊原健人のプロフィール

引用元:https://baseballking.jp/ns/71271

まだまだプロ3年目の熊原選手。

とはいえ、大卒で横浜DeNAベイスターズに入団しているため、すでに25歳なので焦りも見え隠れしますが、ゆっくり確実に経験を積み重ねて欲しいです!

今季は1軍での登板がなかったので、スポットライトを当てられることが少なかった熊原選手にこの記事ではスポットライトを当てていきます!!

氏名:熊原健人(くまばら けんと)
生年月日:1993年10月19日
年齢:25歳(2018年10月現在)
出身:宮城県角田市
身長:178cm
体重:85kg
投打:右投左打
ドラフト:2015年2位
年数:3年目
背番号:22(2017シーズンまでは『1』)
ポジション:投手
出身高校:宮城県立柴田高校
甲子園成績:なし
経歴:柴田高-仙台大-横浜DeNAベイスターズ(16年~)
代表歴:第27回ハーレムベースボールウィークの日本代表、第1回21U野球ワールドカップ日本代表

以上が熊原健人選手の簡単なプロフィールになります!!

実家が神社ということもあり、高校3年の卒業時まで神主だった父から家を継いで欲しいということで、【神職養成所】なる所へ通うことを進められます。

しかし、大学でも野球をやりたいという意思をしっかり表明し家族会議を繰り返したことで、熊原選手のお兄さんが家を継ぐことになっています。

また、熊原選手は実家が神社というコトと、神に祈るような独特な投球フォームから『神主投法』を操るピッチャーと言われ話題になりましたね!!

※熊原選手の投球フォームが思い出せない方はコチラの動画をどうぞ!!

どうでしょうか!?

ワインドアップで投げるとき、他の選手と比べものにならないくらい両手を空高く上げるんです!

とてもダイナミックな投球フォームでカッコイイですよね!!!!

僕個人的にですけど、ダイナミックなフォーム好きなんですwww

この独特な投球フォームが、「神主さんっぽい!」ということで、神主投法という言葉が誕生しました。

 

それにしても、僕たちベイスターズファンからすれば、神主さんじゃなくてベイスターズの選手になってくれて良かった~!!!の一心ですね!

(もちろん神主さんを否定する訳ではなくて、ベイスターズにとって欠かせない選手の一人だからです!!)

 

今年は1軍登板がなく、本人もファンも不完全燃焼だったかもしれません。

ですが、熊原選手の魅力は試合中だけではないんです!

なにを隠そう、宇宙人と慣れ親しまれている井納翔一選手の【二世】との呼び声が高いのが、熊原選手です!笑

お次から熊原選手の伝説的なエピソードをいくつかご紹介していきますね。

伝説エピソードで井納に弟子入りw

ではみなさんお待ちかね、熊原選手の伝説的なエピソードをご紹介します!

言葉で説明するより、手始めにコチラの動画を観ていただく方がわかりやすいかもしれませんw

最初の方は、初登板の裏側を見せてくれているので、応援したくなりますしアツい気持ちがこみ上げてきます。

ただ、1:12くらいから様子が変わってきます…笑

もちろん初登板の緊張もあったと思います。

ですが、さっきまで居たところですし、ロッカーだけでなく、グランドへの道も忘れてしまうくらい可愛い一面が。笑

そして今はオリックスに移籍している高城選手が優しくフォロー!!

この動画が一部では伝説的エピソードとして語られている様ですね!笑

 

しかし、これだけで終わらないからこそ【宇宙人・井納翔一 二世】と呼ばれているんです!!

今年、韓国で開催された冬季五輪・平昌オリンピック。

オリンピックについて記者にインタビューされた熊原選手の返答が意外性ありすぎて度肝を抜かれますw

Q:ピョンチャンオリンピックの見所は!?

A:ピョンチャン? 何ですか、それは!? オリンピック? これからやるんですか!? 冬のオリンピック? そんなのあるんですか!? どおりでテレビでやってるなと思いましたよ~。(ピョンチャンはウサギのことかと思ったそうです。)

まだ、ピョンチャンという地名が分からないのは聞き慣れない単語なので気持ちはわかります。

ですが、冬のオリンピックの存在を聞き返しているあたり、“やべー奴”ですね!笑

 

伝説はこれだけではないので、様々な画像を集めてきたのでお楽しみください!笑

引用元:http://blog.livedoor.jp/nanjstu/archives/52937040.html

引用元:http://blog.livedoor.jp/nanjstu/archives/52937040.html

引用元:http://blog.livedoor.jp/nanjstu/archives/52937040.html

引用元:http://blog.livedoor.jp/nanjstu/archives/52937040.html

 

最後の作文は不思議具合が伝わってきてほっこりしますし、自然と笑みがこぼれますね!

純粋で無邪気でとてもかわいかったんだろうな~と想像できます。

 

それにしても、周囲から完全に宇宙人として認識されている熊原選手、愛されてますねw

1軍での元気な姿も期待してますが、このようなプライベートが垣間見えるエピソードの提供もお待ちしてますよ!笑

 

すこし熊原選手の可愛い一面をご紹介してきましたが、最後はちょっと真剣に。

座右の銘『今やるべきことをしっかりやりきる』を胸に、1軍定着に向けてひたむきに努力を重ねている姿もご紹介していきます。

座右の銘『今やるべきことをしっかりやりきる』を胸に1軍定着へ

1軍での登板やその先にある1軍定着に向けて、2軍でひたむきに努力を重ねている熊原選手。

1年目の2016年は中継ぎとして活躍し、その活躍が認められて先発へ配置転換されました。

そして2年目となった2017年は4試合に先発し3勝1敗と、この数字だけを見れば立派ですが、防御率5.40与四死球12被本塁打6、と安定感を欠いた感が否めません。

今季は、開幕ローテーションを狙っていましたが、苦汁をなめる結果に。。。

 

1軍登板を目指すファームでもなかなかでも結果が付いてこず、

18試合に登板(投球回数63回)し打者274人に対して、防御率3.29、自責点23、四球39と1軍登板は厳しい結果となってしまいました。

 

熊原選手にとって、長いトンネルにさしかかっているこの頃ですが、昨シーズン初登板前のインタビューを見つけました。

チャンスがなかなか巡ってこなくても腐ること無くひたむきに取り組んでいる姿が目に浮かびます。

横須賀・ベイスターズ球場での練習終わり、青星寮で取材に応じてくれた熊原は、「ペナントでは先発ローテの投手が調子を崩すこともあります。そんなときに、僕が真っ先に名前を呼ばれるようならないと」と背筋を伸ばして語ってくれた。

2016年ドラフト2位で入団した昨年、中継ぎで結果を残すと先発に配置転換。2度目の先発となった7月にプロ初勝利を飾った。トレードマークともいえるダイナミックなフォームは粗削りながら可能性に満ちていた。しかし、制球力を重視するあまり徐々に、持ち前の“荒々しさ”が消え、球威が失われていった。

今シーズン、二軍でその課題と向き合った。「ファームの試合でアピールしなければ……」。焦りがないといえば嘘になるが、熊原は腰を落ち着けてチャンスを待った。

引用元:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20170523-09

大卒なので当然焦りもあると思います。

ベイスターズという若手主体のチームにでは次々と若手の台頭があります。

今季も、ドラフト1位の東克樹選手が1年を通してローテーションを守り抜きましたし、エース候補に最速で立候補してますね。

 

ですが、熊原選手の持ち味であるダイナミックな投球フォームから投じられる最速152km/hのストレート、落差の大きなカーブや高速スライダーなど、武器はたくさんあります!

今シーズンのように、投手陣の調子があまり良くないときに、真っ先に白羽の矢が立つような活躍をファームでも期待します。

座右の銘『今やるべきことをしっかりやりきる』を毎日実践していれば、1年後には見違える様な成績になるはずです。

ファンは待ってますよ!!熊原健人!!!!

まとめ

今日は熊原健人選手について特集しましたが、何を隠そう、今日(10月19日)は熊原選手の25歳の誕生日なんです!!!!!

みなさん、お祝いしましょう!!

この記事を読んでくれたのが、もし19日以降だったとしても心の中でお祝いしましょうw

 

今季は1軍登板がなくて寂しかったです。。。。

去年は何回か見ているのでワクワクしていたんですが、来季こそはやったりましょう!!

 

‘VICTORY’ is WITHIN ‘US’.
勝利は、我らの中にある。

LEAVE A REPLY

*

Return Top