BAYSIST

横浜DeNAベイスターズ ファンサイト

京山将弥 球種で空振率No.1はチェンジアップ! 大家友和コーチとの”運命の出会い”が彼の人生を変えた。

京山将弥 球種で空振率No.1はチェンジアップ! 大家友和コーチとの”運命の出会い”が彼の人生を変えた。

2018年シーズンで最高のスタートを決めている選手といえば、京山将弥選手ではないでしょうか!?

昨シーズンはファームで16試合に登板し頭角を現わし、現在ではチェンジアップを始め豊富な球種を武器に勝ち星をさらっていますね。

脚光を浴びる裏側には、ベイスターズの大家友和2軍コーチとの”運命的な出会い”が隠されていました。

 

 

京山将弥のプロフィール

まずはやはり京山選手のプロフィールを深掘りしていきましょう!

ルーキーイヤーだった2017年はファームで16試合に登板し、チームで唯一、規定投球回数をクリアするなど注目の新人でした!

今年は一軍での活躍が目立っているので、ぜひみなさんにも京山選手のプロフィールを知っていただこうと思います!

氏名:京山将弥(きょうやま まさや)
生年月日:1998年7月4日
年齢:20歳(2018年6月現在)
出身:滋賀県大津市
身長:182cm
体重:75kg
投打:右投右打
ドラフト:2016年4位
年数:2年目
背番号:48
ポジション:投手
出身高校:近江高校
甲子園成績:2016年夏初戦敗退(vs常総学院高校 0-11)
経歴:近江高-横浜DeNAベイスターズ(2017年~)
代表歴:2017アジアウインターベースボールリーグ:NPBイースタン選抜

以上が京山将弥選手の簡単なプロフィールになります!

3年の夏に悲願の甲子園出場を果たしたのですが、初戦で常総学院高校に敗れ初戦敗退となってしまっています…。

しかし、地区予選では獅子奮迅の活躍を見せており、決勝までの4試合全て登板&26イニング連続無失点&30奪三振を記録しているんです!!

圧倒的ですよねっ!!

そして高島高校との注目の地区予選決勝では、自身で2点タイムリーツーベースヒットを放つだけでなく、10奪三振の力投でチームを甲子園に導いています!

チームの大黒柱として活躍してきた京山選手ですが、高校時代からの鉄腕ぶりを発揮したお陰で、2017シーズンはファームで充実の1年を過ごすことが出来たのではないでしょうか!?

2018年シーズンはチームトップとなる勝ち星を記録している京山選手(2018年6月4日現在)。

お次は、その原動力と言える球種・チェンジアップなど配球率などを深掘りしてきましょう!

 

 

球種で空振率No.1はチェンジアップ!

まず最初は、京山選手の持ち玉は以下の通りとなっています!

ストレート・カットボール・チェンジアップ・スライダー・カットファストボール・カーブ

6つの球種を操り三振の山を築いているんですね!

その中でも特に注目したいのは『チェンジアップ』です。

三振を取っていくスタイルの投手はほぼ全員“落ちる球”を武器にしている事が多いと思うのですが、京山選手も例に漏れず落ちる球を武器にしています!

全投球数を100%とした球種配分はチェンジアップが17.01%(2018年6月4日現在)とストレートの46.36%に次ぐ2位となっており、決め球として使っていることが分かりますね。

引用元:BaseballData

そして空振り率は16.48%と京山選手の持ち玉の中で一番高い確率となっています。

パリーグで奪三振数1位となる84奪三振を記録している楽天の則本投手が決め球として使っているスライダーやフォークが空振り率21%なので、比較すると若干低いですが京山選手はまだ2年目です!!

これからの成長に期待していきましょう!!

 

 

大家友和コーチとの”運命の出会い”が人生を変えた。

現在ベイスターズの2軍投手コーチとして活躍してくれている元メジャーリーガーの大家友和さんですが、京山選手がリトルリーグ時代まさかの出会いを果たしていたんです。

開幕から3連勝した19歳の京山将弥は、中学時代に大家が代表を務める草津リトル・シニア・パンサーズに所属していたつながりで旧知の仲だ。新たな球種の握りや考え方についてやり取りを交わした。

引用元:ベースボールONLINE

という記事があるとおり、京山選手という土台を作ってきたのが大家友和コーチと言っても過言ではないのかもしれません。

実際、京山選手もインタビューでこのように語っています。

ファームで16試合に先発してチーム唯一の規定投球回数をクリア。「本当にいい経験ができた」と充実の1年目を振り返る。疲れはあったが、それも「すごくいい経験。フォームが崩れてもコーチのアドバイスで直すことができた」と自らの血肉とした。

引用元:横浜DeNAベイスターズ2018オフィシャルイヤーマガジン

京山選手と大家コーチの二人三脚でここまで来たと言うことが見て取れる信頼関係ですね!!

現在は一軍と二軍で活躍の場は違いますが、おそらく連絡も取っているでしょうし、きっと大家コーチが京山選手のサポートをしてくれていること間違いありませんね!!

 

 

まとめ

いろいろと京山選手についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか!?

みなさんにとって初めて知った事が1つでもあれば嬉しいです!!

これからが正念場ですし、期待がかかってくる時期ですが今後の京山選手から目が離せませんね!!

 

‘VICTORY’ is WITHIN ‘US’.
勝利は、我らの中にある。

LEAVE A REPLY

*

Return Top