BAYSIST

横浜DeNAベイスターズ ファンサイト

櫻井周斗 打撃練習参加でポテンシャル全開へ! 東・濱口らのチェンジアップを参考に”いいとこ取り”で一軍を目指す

櫻井周斗 打撃練習参加でポテンシャル全開へ! 東・濱口らのチェンジアップを参考に”いいとこ取り”で一軍を目指す

2017年のドラフト会議で5位指名された怪物・櫻井周斗選手。

投手として登録されていますが、高校時代は日大三高で通算32本塁打を放っている二刀流なんです!

2018年のオフシーズンにラミレス監督から野手に混じっての打撃練習を言い渡されたことで、ポテンシャル全開へ!!

投手としてはまだまだ成長途中ですが、東克樹選手や濱口遥大選手のチェンジアップを直々に教えてもらい、“いいとこ取りした”必殺のチェンジアップで一軍昇格をめざします。

★★★公式LINE@はじめました(*^◯^*)ブログの更新情報やLINE@でしか配信しない限定情報もあるので、ぜひ登録してください(*^◯^*)★★★

櫻井周斗のプロフィール

引用元:http://sp.baseball.findfriends.jp/player/article/%E6%AB%BB%E4%BA%95%E5%91%A8%E6%96%97/

今季は一軍での出番がなかった櫻井選手ですが、実力云々ではなくチームの方針としてじっくり育てていこうということですね!!

高卒で入ってますし、打者として高校通算32本塁打をマーク、投手としては一級品のスライダーと最速146km/hのストレートに加え、新たな変化球の取得にも励んでいるようです。

そんな、ポテンシャルもあり努力を惜しまない素敵な選手・櫻井周斗選手について経歴やプロフィールをまとめていきます(^^)

氏名:櫻井周斗(さくらい しゅうと)
生年月日:1999年6月25日
年齢:19歳(2018年11月現在)
出身:埼玉県所沢市
身長:178cm
体重:80kg
投打:左投左打
ドラフト:2017年5位
年数:1年目
背番号:41
ポジション:投手
出身高校:日本大学第三高校(通称:日大三高)
甲子園成績:3年時春のセンバツで初戦敗退(vs履正社高校)
経歴:日本大学第三高-横浜DeNAベイスターズ(18年~)
代表歴:2017 WBSC U-18ワールドカップ、2018 WBSC U-23 ワールドカップ
その他:高卒新人として29年ぶりのオープン戦勝利

この経歴をみると、ますます育ってくれるのが楽しみな新人ですね(^^)

左腕大国なんて言われているベイスターズに所属することで、実力のある先輩に投球術のアドバイスを受けられる状況は櫻井選手にとって最高かもしれません。

今年から来年に掛けては右腕の台頭を願い、戦略を切り替えているベイスターズですが、ポテンシャル抜群な左腕が育ってくれているのは願ってもない出来事です!

 

高校では日本ハムファイターズの清宮幸太郎選手から5打席連続三振を奪い、千葉ロッテマリーンズの安田尚憲選手から3打席連続三振を奪うなど、将来が楽しみすぎます!

先月開催された、2018 WBSC U-23 ワールドカップでは3試合に登板し無失点で切り抜け、準優勝に貢献しているなど着実に成長してくれています。

 

金満球団とは違い使えるお金に制限がある球団の運営方法としてはこれ以上ない選択ではないでしょうか?

FAなどで即戦力を獲得して、その場しのぎ的に戦力を充実させていくのももちろん手ですが、自前の選手が育つ環境を整えることができれば、それに越したことはありませんから。

 

順調に成長してくれている櫻井選手ですが、今秋のキャンプではラミレス監督から「野手の打撃練習に参加すること」を言い渡され、一軍で先発する準備が着々と進んでいる様子も伺わせてくれています!!

打撃練習参加でポテンシャル全開へ!

先ほどから少しずつ触れていますが、櫻井周斗選手は投手とは思えないくらい打撃センス抜群で、二刀流も可能ではないか!?と思わせてくれる逸材なんです!

そのことを見越してか、ラミレス監督は秋季キャンプにおいて「野手と一緒に打撃練習に加わる」というプランを明かしてくれています。

DeNA・ラミレス監督が1年目左腕・桜井に秋季キャンプ中に野手の打撃練習に参加させるプランを明かした。

日大三では通算32本塁打をマークして「二刀流」として注目されたが、プロ入り後は投手に専念。指揮官は「高校時代の打撃の映像を見たことがあるが、素晴らしいセンス。なかなかチャンスもないので、実際にこの目で見てみたい」と話す。現時点で先発か中継ぎか起用法は未定。先発なら打席に立つ機会もあり、桜井は「打撃は好きなので、練習が楽しみです」と話した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000037-spnannex-base

もともと、高校通算32本塁打をマークしていますし、高校3年時のU-18ワールドカップでは5番打者として、3番清宮幸太郎、4番安田尚憲、6番中村奨成という錚々たるメンバーの中で3割を超える打率を残しています!!

U-18ワールドカップで銅メダル獲得の立役者として世界に通用するバッティングセンスを披露してくれており、プロでも野手の練習に混じることでウィーランド選手のように、投手の打順でも攻撃の切れ目がないという強力打線を生み出してくれます。

 

今年は投手としての練習に専念していたんですが、シーズンオフで打撃練習にも加わるということは、来季以降、DH制のないセリーグで先発する可能性を示唆しているように思えてなりません(^^)

楽しみです!!!

気になる櫻井選手の打撃についての動画はこちらをご覧ください☆

しかししかし、注目すべきは打撃ではないんです!!!

プロでも打つのが難しいとスカウトに言わしめたスライダーを始め、最速147km/hのストレートだけでなく、新たな変化球“チェンジアップ”をプロに入ってから習得していた様です(^^)

東・濱口らのチェンジアップを参考に”いいとこ取り”で一軍を目指す

引用元:https://spolabo.com/I0003512

2年連続で大卒左腕を獲得し、ルーキーイヤーで共に10勝以上を記録している、濱口遥大選手と東克樹選手。

二人の特徴は、“空振りを取れる質の良いチェンジアップ”ですね!

 

そして、野球センス抜群の櫻井周斗選手も同じ左腕として、先輩である両投手にチェンジアップの握りを教えてもらい、二人のチェンジアップから”いいとこ取り”したチェンジアップを身に付けているんです(^^)

名付けるとしたら『ハイブリッド・チェンジアップ』ですね!!笑

振り返れば“プロデビュー”はあまりに鮮烈だった。2月24日、沖縄セルラー球場でのオープン戦に初登板し、巨人打線を1回無失点に封じた。首脳陣を驚かせたのは、日大三高時代に清宮幸太郎(現日本ハム)から1試合5三振を奪った代名詞のスライダーに頼らない投球内容だった。直球は最速146キロをマーク。さらにチェンジアップは「ブレーキの効く濱口(濱口遥大)さんのと、スピードのある東(東克樹)さんに教わった2種類の握りを使い分けた」と明かした。肝っ玉サウスポーは一軍打者を相手に無失点投球を続け、一気に即戦力候補に駆け上がった。

引用元:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=082-20180730-01

このニュースは、頼もしすぎます!!

プロでも対応が難しいとスカウトを唸らせているスライダーだけでなく、両投手のチェンジアップを二つとも体得し使い分けるなんて芸当をやってのけるんですね…!!

ちょっと信じられないですが、実際に実績を残していますし期待のホープですよ!!

こんなにイイ選手がドラフト5位で獲得出来たなんて、本当に2017年のドラフトは成功だったと嬉しくなります。

 

最近行われたU-23ワールドカップ決勝・メキシコ戦で1回を無失点で切り抜けたピッチング動画を見つけてきたのでこちらもご覧くださいね(^^)

まとめ

ポテンシャル抜群の櫻井周斗選手についてまとめてきましたが、記事を書くのが楽しくなるくらいワクワクさせてくれる選手ですね!!

キャンプではラミレス監督も「直接見てみたい」と話している様ですし、期待感MAXです。

強化指定選手に2017年ドラ3の阪口皓亮選手が指名されていましたが、同期として共に切磋琢磨して欲しいです(^^)

※ちなみに、阪口皓亮選手についてはこちらの記事をご覧くださいね!

阪口皓亮 インスタで見せる仲間との絆。 沢村賞を獲りエンゼルス大谷超えを堂々宣言!「ハマの○○」と呼ばれたい高卒右腕

 

★★★公式LINE@はじめました(*^◯^*)ブログの更新情報やLINE@でしか配信しない限定情報もあるので、ぜひ登録してください(*^◯^*)★★★

【ブログランキングに参加し始めたのでみなさんのクリックをよろしくお願いします(*^◯^*)】
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ にほんブログ村
横浜DeNAベイスターズランキング

 

‘VICTORY’ is WITHIN ‘US’.
勝利は、我らの中にある。

LEAVE A REPLY

*

Return Top