プロ野球がオフシーズンになって、暇を持て余している方、必見!
Huluで空き時間を有効活用しませんか!?

 

今なら"2週間無料トライアル"が付いてますし、
DAZNで唯一中継されない『ジャイアンツ主催試合』
Huluならライブ中継で観ることができます!!

 

シーズン中、
ジャイアンツ主催の"DeNA vs 巨人"の日も
もう悔しい思いをすることがなくなります!!

 

Hulu

2019年に向けてドラフト会議やFAなどの選手移籍市場だけでなく、監督・コーチ陣も一新される季節ですね。

そんなニュースが飛び交う中、ベイスターズファンを一際盛り上がらせたのは『田代富雄コーチのベイスターズ復帰』でしょう!!

人間力が高く誰からも尊敬され慕われるという噂を耳にしますが、現に筒香選手や梶谷選手らベイスターズの主力選手も例に漏れず惚れ込んでいました。

そして、田代富雄さんが打撃コーチに復帰してくれるということで、セリーグ優勝への架け橋が架かり始めたと言っても過言ではないです。

★★★公式LINE@はじめました(*^◯^*)ブログの更新情報やLINE@でしか配信しない限定情報もあるので、ぜひ登録してください(*^◯^*)★★★

田代富雄の人間力が垣間見えるエピソード

引用元:http://bunshun.jp/articles/-/9234

本当にベイスターズファンとしては朗報過ぎる朗報ですね!!

さきにこれだけは言わせてください、田代コーチおかえりなさい!!!!

このニュースを見たときは心躍りました!笑

DeNAが来季、田代富雄氏(64)を打撃コーチとして招聘(しょうへい)することが、分かった。7日、2軍打撃コーチなどで3シーズン所属した巨人退団が正式発表された。関係者の話によると、10年以来となるベイスターズ復帰が有力となった。

引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/news/201810080000075.html

現役時代は横浜(当時は大洋ホエールズ)一筋で活躍されていた大砲で、コーチに就任してからは内川聖一選手(現ソフトバンク)、村田修一選手(引退)、吉村祐基選手(ソフトバンク戦力外)、筒香嘉智選手、岡本和真選手(現ジャイアンツ)など錚々たるバッターを育てています。

1997年から2010年までベイスターズや湘南シーレックスなどの打撃コーチや監督などを歴任したあと、韓国・SKワイバーンや楽天、巨人とずっとプロ野球の第一線でコーチを務めてきました。

そんなコーチがベイスターズに戻ってくる!嬉しくてたまりません!!!

 

渡り歩いた球団で強打者を育成するなど手腕とても評価されている田代コーチですが、圧倒的な人間力で人としても尊敬され慕われていました。(すでにファンであれば説明不要かもしれませんが、何度読んでも目頭が熱くなるエピソードばかりなので、お付き合いくださいね!)

今、ベイスターズに欠かせない打者に成長している筒香選手や梶谷選手の1年目から指導し、同選手からもとても慕われている田代コーチ。

なぜそこまで選手に慕われるんでしょうか?そのヒミツを探りました。

 

まずは、ベイスターズの2軍監督をされていたときのエピソードを。

そういえば、あの時もそうだった。あれはプロ3年目、鎌ヶ谷での日本ハムとの二軍戦。20点取られて負け、試合後のミーティングは珍しく田代さんが激怒した。

「お前ら、今日の夜、全員7時に食事会場に集まれ!」

普段怒らない人の怒った時ほど怖いものはない。全員、書きもしないくせにコンビニでノートを買って、戦々恐々として食事会場に集まった。誰一人口を開く者はいない。重すぎる空気の中、田代さんが入ってきた。大量のビールとともに。

「おう、揃ったか。よし、今日は飲め。俺たちはプロ野球やってんだ。こんな日もあるだろう」

大量にテーブルに運ばれくるビール。緊張が一気に緩和し、その落差が激しすぎてしばし混乱する。そんな中、田代さんは立ち上がる。

「みんな、ひとつだけ約束してくれ。俺は、愚痴の酒は飲まない。明日の酒を飲もう。乾杯!」

翌日の試合は、16点取って勝った。試合後のミーティングは、いつも以上にニコニコしながら、「やっぱり、酒の力はすげえなぁ」と言って終わった。そんな田代さんがみんな大好きだった。

引用元:http://bunshun.jp/articles/-/9234?page=2

「こんな大差で負けて、プロ野球選手として恥ずかしくないのか!辞めちまえ!」などの叱責を覚悟していたところで、このギャップですよ。。。

こんなことされたら、「一生この人に付いていこう」と決意したくなる選手も続出したことでしょう。

意図的にやっているのか無意識でやっているのかは分かりませんが、最高の人心掌握術と言っても過言ではないですね。

 

現に、翌日の試合では16得点して勝っている訳ですから、プロ野球といえどメンタルのスポーツなんだなと実感させてくれます。

チーム一丸となって一つの目標に向かったとき程、力が湧いてくる時はないでしょう。

 

このときの選手の心理はこう思っていたに違いありません。

「このまま二軍がふがいない成績で終わったら、田代さんの指導力不足・責任問題になる…」と。

僕達ファンはなかなかこういう裏のエピソードに触れることが難しく、試合結果や個人成績だけに一喜一憂しがちですが、「こういうことがある世界なんだ」と頭の片隅に置いておくだけでもファン心理は変わってくるので、ずっと応援し続けましょうね(^^)

筒香・梶谷を1年目から指導するだけでなく…

お次にご紹介するのは、筒香選手や梶谷選手が田代監督を慕っていることが分かるエピソードです。

打撃指導力に定評があり、筒香のプロ1年目に直接指導。2軍暮らしだった若き大砲を、朝から夜間練習まで見守った。筒香からは今でも「入った時から毎日いろいろな話をしていただいた。ものすごく愛情があって、最後まで見捨てない素晴らしい人柄」と慕われる。

引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/news/201810080000075.html

2009年のドラフト1位で指名され、将来ベイスターズを担っていくというプレッシャーの中で、筒香選手を救ったのは田代コーチの愛情溢れる指導だったのかもしれません。

筒香選手と田代コーチが共に歩んだのは2010年の1年間だけでしたが、1軍出場が3試合だけだったことを考えても、2軍で濃密な時間を過ごしていることと思います。

現に2011年からは徐々に1軍での出場も増え、今ではベイスターズの顔ですからね(^^)

 

いぶし銀の韋駄天・梶谷選手との涙なしには見ることが出来ない2010年の田代コーチ退団エピソードも。

夏の終わり、寮の中庭でバーベキューを行った。すでに田代さんの退団は決まっていたため、お別れ会の要素も少し入っていたと思う。田代さんはいつも通り、二階堂の緑茶割りを飲みながら気持ちよさそうに酔っていた。会の終わり、締めの挨拶に立った。こういう会で、田代さんは滅多に喋ろうとしない。それでも、この日だけは特別だった。

「みんな、俺は今日酔ってる。酔ってるから、長くしゃべるぞ」

わざわざつけた前置きが、赤く揺れる炭火の炎に溶けていく。

「プロ野球選手になるって、すごいことなんだ。俺は今年で辞めていくけど、みんなもいつか必ず辞める日が来る。その時は、プロ野球選手になれたということを誇りに思って、胸を張って辞めていってほしい。そして、俺はホント、見る目ねえからな……来年からは違う監督だ。だから、チャンスも増えるからみんな頑張れ。そう、俺は見る目がねえんだ」

そう言って、ゆっくりと梶谷の方を向く。

「カジ、まさかお前がな。いや、お前が入ってきた時、悪いけどプロのレベルじゃねえって思ったよ。そんなカジがなぁ。ホントすごいなぁ。やっぱり俺は、見る目ねえなぁ」

そう言って声を震わせる田代さんにつられ、梶谷も、横で聞いてた私も涙が止まらなかった。

横須賀での最終戦は、試合後に田代さんを胴上げすることになった。誰からともなく作られた輪の中に恥ずかしそうに押し込まれ、スタンドでは田代さんの現役時代の応援歌をファンが大合唱していた。

「みんな、ありがとな……。俺は、寂しいよ」

輪に入る直前に言った一言に、みんなが泣いた。誰も望んでいないけれど、これがプロ野球。何も言わずに出て行くのは、田代さんなりの横浜への礼儀だった。

引用元:http://bunshun.jp/articles/-/9234?page=2

こんなエピソード、涙するに決まってるじゃないですか…。(今、自宅近くのカフェで書いているんですが、不意にも目に涙が浮かんできました。。。笑

 

プロ野球選手になる事自体本当に選ばれた一握りの選手だけなので、客観的に見るとプロ野球選手というだけで誇らしいことなんですが、実際は1軍で自分自身の満足いく結果を残せる選手なんてプロ野球選手の中でも1%もいないんじゃないでしょうか。

そのことを理解した上での、退団スピーチですね。

 

思うような結果が残らないことで自己肯定感が下がってしまい、プロ野球選手を引退した後の人生に影を落とす…。なんて事態になって欲しくないという、田代コーチの親心が読み取れます。

 

梶谷選手の成長を驚く反面、本当に嬉しそうに語っている場面が頭に浮かびます。

田代コーチのことを梶谷選手が慕っているというのは、このエピソードを聞くだけで説明不要ですね。

 

人間力というのは一概には説明できませんが、所属している環境から去るときに真価が問われると僕は思っています。

 

僕が以前の職場で慕っている人が去っていく時、信じられなかったですし「この先、あの人抜きでやっていけるのかな…」と言葉に出来ない不安に襲われたことを覚えています。

みなさんも、部活や職場で慕っている先輩が居なくなる時、同じような気持ちを味わってますよね?

僕もそんな田代富雄コーチのような温情に溢れた人間になりたいなぁ、としみじみ思います。

まとめ

田代富雄コーチの横浜DeNAベイスターズ復帰を祝して、人間力が垣間見える感動エピソードをご紹介しました。

僕達ファンも相当喜んでますが、一番喜んでいるのはベイスターズの選手達でしょう!!

2軍には期待の選手がたくさん居ますし、既に秋季練習やキャンプでは第2の筒香・細川成也選手の指導を開始している様ですし、若手の台頭により一層の期待がかかります。

近年では巨人の岡本選手なども田代コーチの手腕のおかげと言われており、2018年は史上最年少で3割30本100打点を達成してるので、ベイスターズの若手をよろしく頼みます!!!

 

'VICTORY' is WITHIN 'US'.
勝利は、我らの中にある。

 

【ブログランキングに参加し始めたのでみなさんのクリックをよろしくお願いします(*^◯^*)】
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ にほんブログ村
横浜DeNAベイスターズランキング

★★★公式LINE@はじめました(*^◯^*)ブログの更新情報やLINE@でしか配信しない限定情報もあるので、ぜひ登録してください(*^◯^*)★★★

プロ野球がオフシーズンになって、暇を持て余している方、必見!
Huluで空き時間を有効活用しませんか!?

 

今なら"2週間無料トライアル"が付いてますし、
DAZNで唯一中継されない『ジャイアンツ主催試合』
Huluならライブ中継で観ることができます!!

 

シーズン中、
ジャイアンツ主催の"DeNA vs 巨人"の日も
もう悔しい思いをすることがなくなります!!

 

Hulu

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事